独立行政法人 国立病院機構 米沢病院

〒992-1202 山形県米沢市大字三沢26100-1

アクセス

お問合せ

病院案内

院長あいさつ

国立病院機構米沢病院のホームページを
ご覧いただきありがとうございます。

10月1日、「米沢神経難病センター」が開棟いたしました。病棟名はD病棟、Dは上杉鷹山公の「伝国の辞」の「伝」に由来します。馴染みのない方のために「伝国の辞」を記します。
一、国家は先祖より子孫へ伝え候国家にして我私すべき物にはこれ無く候
一、人民は国家に属したる人民にして我私すべき物にはこれ無く候
一、国家人民の為に立たる君にて君の為に立たる国家人民にはこれ無く候
鷹山公は「伝国の辞」で国のあり方、領主の心構えを伝えました。私たちが受け継ぎ伝えていくものは医療のあり方(患者目線に立った信頼される質の高い医療の提供)、医療人としての心構えと心得ます。当院療育医療センターのG病棟およびI病棟はそれぞれ上杉謙信公の「義」、直江兼続公の「愛」に由来します。「愛」と「義」を掲げ、より良い医療の実践に全力で取り組んでおります。我々が受け継いできた医療の「愛」と「義」を未来へ伝えていく使命感が「伝」の病棟名には込められています。

五嶋みどりさんからミュージック・ビデオの贈り物が届きました。鑑賞会を開催したところ、患者さんは大喜び。コロナ禍で演奏会が開催できない状況が続いていましたが、楽しいひとときを過ごしました。

9月17日、23回目のふれあい祭りを開催しました。ひばりが丘幼稚園の園児の皆さんによるマーチング・バンド、杉本康久さんのアコースティック・ライブ、当院職員の花笠踊り等、入院患者さんも心から楽しまれていて喜色満面の笑顔が印象的でした。

12月14日、米沢市立第五中学校生徒会の皆様が、手作りのミニ・クリスマスツリーを沢山届けてくださいました。思いやりのこもったクリスマスツリーに患者さんは大喜びでした。外は大雪、厳冬の毎日ですが、心はとても暖かくなりました。
第五中学校生徒会の皆様、本当にありがとうございました!

院長 飛田 宗重
院長 飛田 宗重

(1)安心で安全な質の高い医療の提供

当院は、米沢療育医療センター、米沢神経難病センター、一般病棟を有しております。

(2)臨床研究、臨床治験の推進

厚生労働省研究班の分担研究者あるいは研究協力者として、最良の医療の提供に熱心に取り組んでおります。臨床治験に関しても、安全性に優れ有効性が期待できる医薬品を対象患者様に個別にご案内しております。

(3)地域医療機関との連携

当院は、置賜地区の重症心身障がい児(者)医療、長寿医療、神経難病医療の基幹病院の役割を使命としておりますが、脳卒中をはじめとする生活習慣病においても医療連携システムの一翼を担いながら、地域医療発展のため全力を尽くしています。
2015年度から米沢市の脳ドックによる脳卒中予防事業にも参加いたしました。
米沢市では脳卒中クリティカルパスや認知症医療連携パスを用いた医療連携が機能しておりますが、3T(テスラ)MRIにより診断の精度を高め、脳卒中予防や認知症早期診断を積極的に実施していくことで地域医療充実に貢献して参ります。

基本理念

わたくしたちはみなさまの権利を尊重し、
患者さま中心の医療を行います。

わたくしたちの6つの約束

米沢病院の特色

  1. ① 神経・筋疾患
  2. ② 認知症
  3. ③ 重症心身障がいに対する医療
  4. ④ 小児慢性疾患
  5. ⑤ 骨運動器疾患
  6. ⑥ 脊髄損傷
  7. ⑦ 慢性関節リウマチ及び整形外科的難病に対する医療
  8. ⑧ リハビリテーション医療

概要

病床数

●医療法病床数 … 220 床
 ・一般病棟 … 100 床
 ・重症心身障がい児(者)病棟(米沢療育医療センター) … 120 床

標榜診療科

内科・呼吸器内科・循環器内科・消化器内科・脳神経内科・漢方内科・外科・整形外科・脳神経外科・精神科・小児科・リハビリテーション科・放射線科・歯科

指定医療

●児童福祉法
●労働者災害補償保険法
●身体障がい者福祉法及び戦傷病者特別保護法
●生活保護法

指定障がい福祉サービス事業

●療養介護事業(山形県0610200164号)
●短期入所事業(山形県0610200164号)
●医療型障がい児入所支援事業(山形県0650200041号)
※ご利用には事前に当院とのご契約が必要となります。詳しくは当院医事係、または医療福祉相談室までお問い合わせ下さい。

医療・福祉相談/苦情窓口

●医療福祉相談室
●地域医療連携室
●医療安全管理室
●療育指導室
※治療内容や医療費、福祉制度などのご相談や、他病院や医院・福祉施設のご紹介、その他のお困り事など、担当の職員がご相談に応じております。

専門外来

●頭痛外来
放置していると危険な頭痛もございますので、頭痛でお悩みの方は電話でお問い合わせのうえ受診して下さい。
●漢方外来
漢方は様々な症状に対応が可能です。健康についてお悩みの方は、どんなことでも一度ご相談下さい。
●脳ドック・脳検診
まだ発症していない脳の病気を早期に発見できます。是非、脳ドック・脳検診を受けるようお勧めします。

沿革

昭和26年 4月 2日 対日援助見返り資金により国立米沢療養所として創立
昭和27年 3月28日 開所、患者収容開始(結核100床)
昭和28年 3月 第3病棟完成(結核50床増床、病床数150床)
昭和31年 3月 第5病棟完成(結核50床増床、病床数200床)
昭和33年 3月 第6病棟完成(結核50床増床、病床数250床)
昭和44年 3月25日 第7病棟(重症心身障がい)更新築(一般40床増床、病床数290床)
昭和45年 3月25日 第8病棟(重症心身障がい)更新築(一般40床増床)
第6病棟結核40床を削減(病床数290床)
昭和47年 3月27日 第10病棟(重症心身障がい)更新築(一般40床増床、病床数330床)
昭和51年10月 1日 第3病棟(リハビリ50床)更新築(一般50床増床、結核50床を削減)
昭和51年12月27日 第1病棟(一般50床)更新築(一般50床増床、結核50床を削減)
昭和52年10月15日 結核病床3床削減(病床数327床)
昭和54年11月30日 外来管理治療棟更新築
昭和55年 4月 5日 国立療養所米沢病院と名称変更
昭和56年10月15日 第5病棟(一般・小児50床)更新築(一般50床増床)
旧第5病棟(一般50床)を第2病棟(結核50床)に変更
旧第3病棟を取り壊し(結核57床を削減)(病床数320床)
昭和60年10月 1日 第1病棟(結核50床)を一般50床へ変更
平成13年11月 1日 第2病棟(結核50床)を一般50床に変更
第1病棟(一般50床)を削減(病床数270床)
平成15年 9月 1日 第2病棟(一般50床)病床数を削減(病床数220床)
平成16年 4月 1日 独立行政法人国立病院機構米沢病院と名称変更
平成26年 7月10日 重症心身障がい児(者)病棟完成、米沢療育医療センターを開設
令和2年9月 1日 D病棟完成、米沢神経難病センター開設
令和3年2月17日 旧第3病棟を改修、第5病棟へ変更

アクセス

〒992-1202 山形県米沢市大字三沢26100-1
TEL:0238-22-3210 FAX:0238-22-6691
外来受付時間/AM 8:30~AM11:30
診療時間/AM 8:30~PM 5:15
休診日/土曜日・日曜日・祝日休診

病院までの交通

●市民バス
JR米沢駅-循環南回り約30分/病院前下車-米沢病院
●タクシー
JR米沢駅-約10分-米沢病院

アクセス

お問合せ